💚NCTに魅せられて<その1>💖

見出し画像

💚NCTに魅せられて<その1>💖

皆さん、こんにちは!チグソグ編集部です。
今日から新しい特集スタート!🙌🙌🙌
大好きなK-POPアーティストを盛り上げることに熱心なスタッフが山野楽器にはたくさんいるのですが、この特集「山野楽器にオソオセヨ~!わたしの推し事」ではそんなスタッフのつぶやきを紹介していきます😘

第一回目となる今回は、NCT127がお好きな方はすでにご存知かも😁
大阪にある「イオンモール鶴見緑地店」の登場です!💮🌈

画像1

今年の春あたりから急にNCTをプッシュ👍プッシュ👍してきたイオンモール鶴見緑地店。何がきっかけだったのかずーっと気になっていました。
今回はスタッフのつぶやきではなく(初回にしてもう企画にズレが・・🤣)「文才がないんで😅」と逃げるスタッフを捕まえ、インタビューに切り替え特集をスタート!👆

画像2

■「地元の人が韓国で頑張っているんだと知って、すごいなぁ!と」

ーNCT127を強力プッシュすることになったきっかけを聞かせてください。
スタッフ:なぜ急に推し始めたのかというと、あるラジオにNCT127のメンバーのYUTAさんが出演していて、門真市出身と紹介されていたんです。門真はここ鶴見緑地のすぐ隣の市なんです。地元(門真市)の人が韓国で頑張っているんだと知って「すごいなぁ!」と。なんか心にくるものがあって・・・。
そして今年2月にミニアルバムをリリースした際、インターネット番組内でYUTAさんが「鶴見緑地公園に行きたい」と語られまして。YUTAさんの口から「鶴見緑地」というワードが出てきたんです!
急いで当店のTwitterに「鶴見緑地公園」の写真をアップしたところ、たくさんのファンの方が見てコメントしてくださったんです。そこから応援したい気持ちが溢れて、どんどん展開スペースを拡大していきました。

画像7

ーそのラジオは偶然聴いていたんですか?
スタッフ:たまたま車の中で聴いてて。「かっこいい歌が流れてるやん」と(笑)ラジオのDJが「門真市出真のYUTAさん」というから「ええーーっっ!!門真市ぃぃぃ~~~???」となって。

ーその日はたまたまお休みで車に乗ってたんですか?
スタッフ:はい(笑)

ーその日お休みではなかったり、車に乗っていなかったらYUTAさんとの出会いはなかったと(笑)
スタッフ:そうですね(笑)

ーちなみにその時かっこいいと思ったのは何という曲だったんですか?
スタッフ:「Chain」です。

ーそれで色々調べてみた?
スタッフ:そうです。おお!となったのは、YUTAさんラルク アン シエルがめっちゃ好きで、私も昔っからラルクのめっちゃファンで・・・。なんかそういう、ラルク好きとか大阪とか共通点があったから余計に気になったというのが大きいですね。

ーその時お店の商品展開はどんな感じだったんですか?
スタッフ:今あるコーナーの10分の1だけでした(笑)

ー「これはなんだろう」と思ったら居ても立ってもいられないタイプ?
スタッフ:そうですね。そういうタイプですね(笑)もともと聴いていたジャンルが偏っていたんです。ロックとかメタルが大好きでK-POPは聴いたことがなかったんです。でも聴いてみたらむちゃくちゃかっこよくて。

画像7

ーK-POPは1990年代後半から2000年代頭あたりを境にR&BやHIP HOPがアイドルの楽曲にも反映された感がありますね。それに最近だとBTSもそうですけど、制作陣が海外の人で固められたりしてるので、ものすごく洋楽の要素が入ってるというか、完全に洋楽テイストで。
スタッフ:そうですね。昔みたいな感じではないですね。NCTに関しては興味を持つうちに色々調べていったんですけど、その時に「え?メンバー23人もおるん?」って(笑)

ー(笑)23人?!なんじゃこりゃ?みたいな?
スタッフ:そうです!そうです!(笑)でも全員皆めっちゃオトコマエで・・・。

ー詳しいなぁ(笑)
スタッフ:全員イケメンっていうのは珍しいです(笑)

ーあ~、確かに(笑)それだけいれば何人かは・・・(笑)
スタッフ:そうです。そうです(笑)
NCT127の歌を聴いていくうちに「英雄:Kick lt」という楽曲に遭遇しまして。これがロック色濃くて「ええやんなっ」て。どんどんハマっていった感じです。

ーNCTっていくつかのグループに分かれるじゃないですか。すべて好き?わかる?
スタッフ:はい!全部わかります!全曲分かります!!

イントロクイズやっても大丈夫💪というほど、NCTが大好きだというイオンモール鶴見緑地スタッフ。好きが高じてお店独自の面白展開があるんです。続けてそのあたりを聞いてみました。

■「こんなCDが欲しいと書かれていたので、じゃあダミージャケット作ってみようと思い立ったのが最初です」

画像5

ー店独自でおもしろい予約用紙を作ってますよね?
スタッフ:あれはね、いろいろあかんというか(笑)・・・ギリギリのラインだと思うんですけど(笑)。嬉しいことにファンの方に大好評です!

ーあの発想はどこからきたんですか?
スタッフ:YUTAさんのラジオに出てくる架空の曲なんです。そんな曲があるなら商品化しようか~と(笑)

ー言ってることがよくわからないんですけど(笑)。YUTAさんが・・・?
スタッフ:そうです。口ずさんだ曲とか、YUTAさんのお父さんがテーマを歌っていたりとか。

ーえ!お父さんが出てくるんですか?
スタッフ:お父さんやお母さんが出てきます(笑)
ファンの方のTwitterを見ていたら、こんなCDが欲しいと書かれていたので。
じゃ、ダミージャケットを作ってみようと思い立ったのが最初です。ダミージャケットがあるなら予約用紙も作ろうかなって。(笑)

ーファンの方にしてみたら楽しいですよね。そこまでの本気度があるお店って。
スタッフ:そうですね。あとは何とかお店に来ていただきたかったんで、そういう楽しいものを作ってみたんです。最近はその延長線でスタンプも作りました。
ーあ!Twitterでみました!みました!
スタッフ:とても好評です。

ーあれもすごいですよね。
スタッフ:スタンプラリーしたいなと思って。

画像5
画像6

半端ない遊び心😆!こんな推し事(お仕事)ができたらきっと楽しいでしょうね。インタビュー後半はまた後日😊
お楽しみに~💚

山野楽器

楽器、音楽CD・DVD、音楽教室やカルチャーレッスンの銀座山野楽器による音楽情報・通販サイト。店舗で取り扱っている楽器、人


最新情報をチェックしよう!